眼科一般

眼科一般に関して

眼科一般に関して

当院では幅広い症状に対応し、日帰りのレーザー治療※も行なっています。少しでも違和感や、気になることがございましたら、早めにご相談ください。
※当日以外にも術前検査や術後チェックが必要です。

こんな症状の方はご相談ください​

こんな症状の方はご相談ください

目にはさまざまな症状があります。はっきり症状が出るものは分かりやすいですが、なかなか症状が出にくいものもあります。
以下の症状のある方は、ご相談ください。

目が赤い、痛い、かすむ、かゆい、乾く、ゴロゴロする、疲れる
目に不快感がある、目やにが出る、すぐになみだ目になる
まぶたが重い、かゆい、閉じられない、腫れる、開かない
物がかすんで見える、左右で見え方が違う、二重に見える、ゆがんで見える
蚊や糸くずが見える、光が走る
メガネ・コンタクトが合わなくなった、視力が落ちた(よく見えなくなったと自覚症状がある)、近くが見えにくい

主な目の病気について

アレルギー性結膜炎

抗原抗体反応が結膜で起きる病気です。アレルギー反応の抗原になるものをアレルゲンといい、スギ、ヒノキ、ブタクサなどの花粉のほか、ダニやハウスダスト、動物の毛、カビなどが抗原として知られています。結膜やまぶたが急にかゆくなる、充血する、涙が出る、などの症状が特徴です。治療は、主に抗アレルギー点眼薬を使用します。花粉は、症状が出る時期を予測しやすいので、飛散期の数週間前から点眼する治療法もあります。お悩みの方は、ご相談ください。

感染性結膜炎

細菌やウイルスが目に感染し、結膜に炎症が起きる病気です。充血、目やになどの症状が出ます。咽頭結膜熱(プール熱)の場合は、目だけでなく、発熱やのどの痛みを伴うこともあります。ウイルス性結膜炎の場合は、感染力が強いので、目を触らないようにして、タオルを別にするなどの注意が必要です。基本的に点眼薬で治療をします。

ドライアイ

涙の量が不足したり、涙が均等に行き渡らなくなったりする慢性の病気です。目が乾く、ゴロゴロする、開けにくい、疲れるといった症状があります。悪化要因として、パソコン、エアコン、コンタクトレンズが挙げられ、まさに現代病といえるでしょう。ひどくなると、生活の質を落とすことにもなりかねません。点眼などの治療が大事です。

緑内障

視神経に障害が起こり、視野が狭くなる病気です。少しずつ見える範囲が狭くなる、見えない場所が出現することが症状として挙げられます。病気の進行がゆるやかなので、自覚しないことが多く、病気が進行するまで自覚症状があまり出ません。

日本緑内障学会で行った調査では、40歳以上の日本人の20人に1人の割合で緑内障にかかるという結果が出ました。また、緑内障にかかる率は、年齢と共に増加していき、中高年の方に起こりやすい病気です。悪化すると失明するケースもありますが、早期発見・治療によってその危険性を減らすことができます。当院では、各種検査・治療の設備を整えています。

白内障

水晶体が白く濁り、視力低下を招く病気です。主な症状は、全体的に視界がかすむ、視力の低下、光をまぶしく感じるなどです。原因は先天的なもの、加齢によるもの、糖尿病からくるもの、緑内障など他の病気と併発するものなどさまざまです。初期の場合は点眼薬で進行を抑える治療をしますが、日常生活が困難になってくると、原因、年齢、症状に応じた手術をします。手術により、視力の回復も期待できます。当院では、患者さまの年齢、症状に応じて適切な治療方法を提案させていただきます。また、ご相談の上、専門の大学病院などをご紹介します。

糖尿病網膜症

糖尿病腎症、神経症と共に糖尿病の3大合併症の1つで、血管障害が眼底の網膜に起きたものです。悪化すると失明の原因になります。自覚症状は、初期は特にありませんが、中期になると視界がかすみ、末期では視力低下、物を見ているときに黒いものが飛んでいるように見えるといった飛蚊症などがあります。早期に治療を行えば病気の進行を抑えることができます。糖尿病の方は、眼科の検診もした方が安心です。当院では、レーザー治療を行なっています。

加齢黄斑変性症

加齢によって、網膜の中心部の黄斑に障害が起こる病気です。初期は、物がゆがんで見える、中心部が見えづらいなどで、進行すると真ん中が真っ暗になって見えなくなってしまいます。片方の目のみに症状が出るとなかなか気がつかないこともあり、注意が必要です。該当する症状があれば、一度相談してください。

お子さまからご年配の方まで
お気軽にご相談ください

患者さまの目線に立って話しやすく相談しやすい
雰囲気になるように努めています。

03-5961-3400

03-5961-3400