各種検査

検査機材

目の検査に使う機材には、さまざまなものがあり、似たような形の機材もあります。検査の際には、もちろん何のための検査をするかご説明しますが、当院で行う検査と共に機材をご紹介します。

当院の検査機材

眼底カメラ

眼底カメラ

ステレオ撮影可能な眼底カメラで、緑内障の早期発見や経過観察に役立ちます。

視野計

視野計

大学病院や眼科専門医療機関では主流のコンピューター自動視野計です。
緑内障などの視野異常を見つけ出し、進行の程度を解析します。

オートレフトポグラファー

オートレフトポグラファー

近視、遠視、乱視といった目の度数と角膜の丸みの程度を検査します。
コンタクトレンズを選ぶ時などに使用します。

オートレンズメーター

オートレンズメーター

レンズの度数や乱視のある方向などを測定し、レンズの情報を得る装置です。
メガネを作り直したいという場合には、今どのようなレンズを使っているのかを知ることが大切です。

スペキュラーマイクロスコープ

スペキュラーマイクロスコープ

角膜の一番内側にある角膜内皮細胞の数を調べます。 レーザー治療前後、コンタクトレンズ装用している方の定期検査などで使用します。

眼底三次元画像解析

眼底三次元画像解析

眼底画像を立体的に映し出します。緑内障、加齢黄斑変性症などの診療に使用し、早期発見にも役立つ器械です。進行度合いを患者さまにも見て理解していただきやすいです。

お子さまからご年配の方まで
お気軽にご相談ください

患者さまの目線に立って話しやすく相談しやすい
雰囲気になるように努めています。

03-5961-3400

03-5961-3400